>  > なんとも言えない風俗嬢でした

なんとも言えない風俗嬢でした

とりあえず抜きたくなったらフラッとその辺のピンサロに顔を出して抜いてもらっています。金額は大したことはないので普通に楽しむことができますし、失敗しても大した金額じゃないので楽しめますね。あり得ないような当たりの女の子もいれば全くダメな女の子がいるのが風俗です。今回のパターンは前者でしたので良かったですが少しサービスは手抜きに感じたかな。やってきた瞬間かなり可愛いのでテンションは相当上がりました。やっぱりしっかりとしたら顔立ちって大事だなと感じていましたが、本当にその辺は良かった分テンションは上がったんですよね。理由はそれぞれあるんでしょうが、フェラしかしないこのジャンルの風俗では積極的ではなかったら楽しさは半減するんですよ。彼女はまさにそのパターンでしたので少し萎えました。彼女は口が小さいからフェラを長時間すると疲れるんだそうですが、私からするとそんなの知ったこっちゃないんですよね。他のお客さんにサービスをしているんでプロらしく言い訳はして欲しくはなかったです。

風俗初の3点責めを経験して思った

2穴責めって言葉があるけど、この前風俗で3点責めというの体験してしまった。まぁクリと穴と尻穴の3点を同時に攻めたってことね。でも自分は女じゃないから実際は分からないけど、その3つを同時に責められるとやっぱり気持ち良いものなのかね?当の風俗嬢は相当気持ち良いって言ってたし、男の妄想的にはスゴそうな気はする。でもその3つを同時に責められるとむしろ気持ち良さが相殺されてしまうんじゃないかなぁ。もちろん女を快楽責めするって征服欲が満たされるから男の方は満足だろうけどね。ちなみに穴には電動バイブを突っ込んでおきつつ、俺は電マでクリを刺激、嬢にはアナルにアナルバイブを出し入れしてもらったんだけど、これは確かにこれ以上ないってくらいのエロい絵図等ではあったよ。でも彼女、今にもイキ狂いそうって感じじゃなかったね。だからエロマンガとかに載っているような「絶頂が止まらないトランス状態」というのとは程遠いんじゃないかな。まぁ3割増し程度の快楽的な。

[ 2016-02-19 ]

カテゴリ: 風俗体験談